一人暮らしの部屋探し

初めての一人暮らし〜部屋探しポイント

学生の一人暮らし、単身者の一人暮らし、高齢者の一人暮らしなど、これから一人暮らしを始める時の部屋探しは、不動産会社探しから始まります。
地域で信頼されている不動産会社を選びましょう。

一人暮らしの部屋探しは、どこのエリアに住むのか?家賃はいくら払えるのか?希望の間取りは?などの条件から探していきましょう。
インターネットへの接続環境やテレビ放送の受診環境の確認も怠らないようにします。
また、女性の一人暮らしの場合は、防犯対策など安全面の確認も大切です。

部屋を下見するときのチェック項目は、間取り、給湯設備、照明機器、洗濯機置き場、風呂、トイレ、キッチンスペースの確認などです。
廊下・階段の清掃の様子、ゴミ捨て場・駐輪場の使い方などで建物の管理状態が良いかどうかをチェックしましょう。
住居人がどんな年代の人が多いのか聞くことも大切です。

実際にどれくらいのお金が必要になるのか一人暮らしの資金をシミュレーションしてみましょう。
特に、敷金(通常家賃の2〜3か月分)、礼金(通常家賃の2ヶ月分)、敷引き(関西・九州の慣習)、仲介手数料(通常家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月)、共益費(共有部分の費用:家賃と一緒に毎月支払う)などの金額をしっかり確認しましょう。
上記の他にも、引越し代金、家具・家電などの費用がかかります。