一人暮らしの冷蔵庫の選び方

一人暮らし〜冷蔵庫の選び方ポイント

一人暮らしを始めるなら冷蔵庫はすぐにでも必要になる家電です。
一人暮らしで使う冷蔵庫の選び方で大切なポイントは容量です。

冷蔵庫の容量=[70リットル(一人当たり容量)×n(家族の人数)]+100リットル(常備品容量)+70リットル(予備容量)という計算式(Nationalの調べから)で概算を求めると [70リットル×1人]+100リットル(常備品)+70リットル(予備)=240リットルとなり、一人暮らしの場合なら、240リットルの冷蔵庫が必要ということになります。

しかし、一人暮らしの場合、自炊するか外食中心のライフスタイルかで変わってきます。
外食中心のライフスタイルであれば70リットル〜140リットルクラスの冷蔵庫で十分でしょう。
自炊したり、近くにスーパーやコンビニがなく1〜2週間のまとめ買いをする方は200リットル以上の冷蔵庫がおすすめです。

また、自炊でお弁当なども手作りしている方で、食材の作り置きにフリージングを活用したい方なら、冷凍室の容量が多いタイプの冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。
冷蔵庫の容量と電気代の関係でいえば、冷蔵庫の容量400リットル〜450リットルのサイズが最も電力の消費効率がよく、電気代が安くなっています。
一人暮らしで自炊もしないという方でも、あまり容量の小さな冷蔵庫にするとかえって電気代が割高になることになります。
ライフスタイルに合わせて、電気代の節約になる冷蔵庫の選び方を考えましょう。

冷蔵庫を設置する場所は、直射日光の当たらない、風通しの良い場所でドアの開閉ができなければなりません。
放熱スペースも確保する必要があります。
こうしたことを考えて、購入前の設置場所の確認は必ず行いましょう。