一人暮らしの間取りの選び方

一人暮らしの間取りは「ワンルーム」「1K」「1DK」

一人暮らしに向いている代表的な間取りは、「ワンルーム」「1K」「1DK」です。
一人暮らしの部屋探しと間取りのチェックは、入念な下見から始めましょう。

「ワンルーム」は、キッチンも居室内にまとまっている間取りのことです。
「1K」はキッチンのことで、水回りと居室が、壁や扉で仕切られているタイプの間取りです。
そして「1DK」は、居室の他にダイニングキッチンがあるタイプの間取りです。

「ワンルーム」は、仕切りが少ない分、居室が広く見えますが、室内に置く家具・家電のすべてを同一スペース内に収めることになるため、部屋に生活感が出やすくなります。
「1K」は、キッチンと居室が仕切られているため、玄関から部屋が丸見えにならない場合が多いです。
「1DK」は、ダイニングキッチンと居室がはっきり分かれていて、各部屋を目的に応じて使い分けができます。
料理をよくする自炊派や友達を呼んで一緒に食事をする機会が多いという一人暮らしの人におすすめの間取りです。

最近人気のデザイナーズマンションのように、壁の一部が斜めになっていたり、弧を描いているような変形間取りの部屋は、個性的な空間をつくり出せてオシャレな間取りなのですが、思わぬデッドスペースが出ることもあるので注意しましょう。
一人暮らしの間取りに限らず、収納は大きければ大きいほど便利です。
居室は実際に一番長くいるスペースですので、自分にとってくつろげる空間となり得る間取りであるかどうか確認しましょう。

間取りだけでなく、物件の外観をチェックも大切です。
外から見たとき、部屋がマル見えだったりするとカーテンを引いたままになる恐れもあるので、自分の部屋の見え具合を必ず確認しましょう。