一人暮らしに必要な家具

一人暮らしの家具選びのポイント

一人暮らしで家具を購入するときは、まず、その家具がどうしても必要なのかどうかをよく考えてみましょう。
一人暮しの部屋では、6畳ワンルームというのが代表的な間取りの一つですが、ベッドとテーブル、イス、机を置けばもういっぱいというのが現状です。

引っ越して荷物を入れる前の部屋は広く見えますが、家具を入れて生活してみると思いのほか狭く感じるものです。
本当になくてはならない家具なのか、しっかりと見極めてから購入を決めましょう。
また、購入の前に置くスペースのサイズを測り、部屋全体のレイアウトを考えておくのもポイントです。

一人暮らしの家具〜ベットの選び方

ベットのサイズ・形・機能もさまざまなものがあります。
その中から、自分の身体に合わせて、部屋の広さにあった大きさ・形・機能を見極めて選びましょう。

一人暮らしのインテリア〜カーテン

快適な一人暮らしのために、カーテンは部屋のイメージを決める大事な要素です。
素材や色・デザインにこだわると、なかなか気に入ったものが見つからないものです。
そんなときはインターネット上で下調べをしてみましょう。
また、風水インテリアを取り入れて、運気がアップする色のカーテンを選ぶのもおすすめです。

一人暮らしの家具〜収納

収納家具としては、メタルラックやカラーボックスなどを使って見栄え良く収納するといいでしょう。
価格もリーズナブルで一人暮らしにはピッタリのアイテムです。

この他の一人暮らしに必要な家具として、鏡(姿見)、ミニテーブル、クローゼット、衣装ケース、食器棚、テレビ台、パソコンをお持ちでしたらパソコン台などが必要になります。
一人暮しの限られた空間を有効活用するために、収納にもひと工夫こらしてみましょう。
どうしてもスペースが取れない場合には、折りたたみ式の家具やロフトベッドなども検討してみましょう。

一人暮らしの家具は、必要最小限のものをそろえ、必要に応じて買い足していきましょう。