女性の一人暮らしの注意点

女性の一人暮らしの注意点

女性の一人暮らしには防犯、ホームセキュリティに意識を持つことがとても大切です。
女性の一人暮らしの注意点について細かくまとめてみました。

まず、一人暮らしは留守になりがちです。
見知らぬ他人に生活スタイルや女性の一人暮らしであることを悟られないように注意する必要があります。
表札やポストにフルネームを書くことは大変危険です。
表札には何も書かないか、マンションなどの決まりで書くときは、苗字だけ書くか、もしくはお父さんの名前など男性の名前を書いて、女性であることを知られないようにすることが重要です。
ポストには必ず鍵をつけましょう。

自宅に帰ったとたん、安心して注意を怠るのも危険です。
昨今の犯罪傾向として、自宅に帰り着いてホッとして、気を抜いた瞬間に襲われるというケースが多くあります。
自宅の建物内では、次のことに注意しましょう。
  • 玄関を開けると同時に犯人に押し込まれることがあるため、玄関を開ける前に必ず周囲を確認する。
  • ワンドア・ツーロック以上の鍵を取り付け、ピッキング対策やサムターン回し防止のための対策をしておく。
  • オートロック式のマンションは、オートロックが開いているわずかな間に一緒に入られるケースもあるので、必ずその手前で周囲の安全を確認する。
  • エレベーターの中は密室。エレベーター内で襲われるケースがあるので、乗降時には特に注意し、知らない異性と2人で乗るのは避け、同性の人と一緒に乗るようにする。
  • 週に何日かは、室内の電灯やテレビ等をつけたまま外出したり、タイマーで帰宅時間より早い時間から灯かりが灯るようにするなど、同居者がいるように装う。


  • 女性の一人暮らしの基本条件として、防犯上の環境が優れた地域や建物を選び、できるだけ1、2階は避けるようにします。